お別れの日。
昨夜、高1君とわたしは何かにつけて「最後やな~」「最後の夜ご飯やな~」
と言い合っていたのに、高1君の寝る時間が迫ってくると
いろんな思い出が浮かんできて「最後」という言葉がズッシリきた・・・
高1君に気づかれないように泣いた。

わたしは昨夜からノドが激痛で水を飲むのもツライほど。
朝5時には起きてお弁当の準備はできたのだけど
心配してダンナも手伝ってくれて助かった。
最後のお弁当。うちでパエリアをしたときの残りのパプリカ。
「甘くて美味しい」と言っていたのでハートの形に。
冷凍食品ではないエビフライ。そしてまた鶏そぼろ。
e0055755_17471785.jpg

今日は雨だったのでダンナが学校まで車で送った。
車中は男同士、いろいろ話をしたんやろね。

高1君が朝にまとめていた荷物。高1君にすごく懐いた猫のユリが
荷物の回りをウロウロしていた。
e0055755_17471722.jpg

最後は3人でケーキを食べて、高1君が淹れてくれた珈琲を飲もうと
決めていたのに、わたしは風邪でフラフラ。眠っても眠っても
治らず、ノドが激痛、鼻の奥が痛いほど炎症、発熱・・・
よりによって最後の日に。

お別れの時間がきた。児童相談所までダンナが送って行くことに。
わたしは寝たまま高1君とお別れ。マスクをしていたのだけど
涙でマスクがビチョビチョになった。
高1君が「お世話になりました、ありがとうございました。
体に気をつけてください」と。わたしは涙で姿がハッキリ見えなかった。
胸が締め付けられた。さみしかった。

1時間ほどでダンナが帰宅。
送って行く車の中で、ダンナは高1君に
「〇〇〇(高1君の名前)のこと、一生忘れへんからな。
道で高校生を見るたびに思い出すわ。
部活、がんばってるかな?もうすぐ大会かな?
そろそろ中間テストかな?がんばってるかなって」
そしたら高1君は手の平で何度も何度も涙をぬぐって
号泣してたんやって。

そして高1君が「今日は学校で将来何がしたいか書いたんです。
僕は今まで将来のことを考えたことがなかったけど
僕がお腹こわした時、体調に合わせてご飯を作ってくれたのが
嬉しかったから、食に関する仕事につきたいって書きました」と。
ビックリした。そんなことを感じていたなんて。

子どもってすごい。すごいから大事に育てなければ。
施設での生活が長い子や、ちゃんとした養育をされていない子は
いろんな経験不足があると思う。
ご飯を向かい合って食べた経験がないというのは衝撃だけど
こういうことがいっぱいあるんやと思う。
子どもはどんな些細なことでも、よく見て、感じて、吸収している。
うちに来て経験したことが、いつか何かの役に立つかな。

高1君に出会えたことはわたしたちの人生で
大きな出来事になった。出会えてよかった。
またいつか会えるかな。
[PR]
by nekomura-blog | 2013-11-19 17:46 | ■ふつうの日記
<< 手紙。 学校6日目。 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
Bagelつれづれ日記
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦( のほほん社 )
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
その他のジャンル