<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
限られた幸せな時間。
今日もまだ振り替え休日。こんな平日に学校を休めることなんて
そうはないのでUSJにも行きたかったけど
ハリーポッターのエクスプレスパスが売り切れてたからあきらめた。

朝はのんびりDVDを見たりしてゴロゴロ。
昼からはフタコブラクダのいとーさんの写真展へ。
いとーさんもひろしさんも、小6君のことを
名前で呼んでくれる。その瞬間って心があたたまる。
名前を呼んで親しくしてくれる人がいる、そういう人が増えるって
いいと思う。小6君もうれしそうだった。

家に帰っておやつにスフレチーズケーキを食べた。
失敗続きでもう2度と作らん!!!って半ギレしたけど
やっぱり小6君に食べさせたくて作っておいた。
それも失敗したのだけど・・・しぼんでフワフワ感ダウン。

わたしが「失敗作やけど食べて」と言ったら
小6君が「どこが失敗なん?!美味しいやん!」と言ってくれた。
e0055755_1034278.jpg

とてもうれしかった。

それからまたDVDを見る。小6君は釣りとアクション映画が大好き。
まだ吹き替えしか見れないけど。

夜ご飯は昨日釣ったアジのお刺身とアジのたたき。
そしてシマイサキの塩焼きと
エサ取りの小魚に紛れて釣れたタイの稚魚の刺身。
全部ダンナが1人で料理してくれた。
e0055755_103412.jpg

アジは脂がのっててバリウマ!
そしてシマイサキが最高!皮が厚いからベロンときれいにめくれて
白身が蒸し焼きにされてフワフワ。
焼き魚が嫌いな小6君も大喜びで食べまくってた。

3人で食べるご飯の時間が本当に幸せ。
3人で過ごせる時間は限られているから大事にしなくては。

どうして3人で暮らせないのか・・・
もう考えても仕方がないのだけど
施設へ送りとどけて帰宅すると
小6君の脱ぎっぱなしの服があった。

それを見て泣いてしまった。
どうしてかな・・・考えても仕方がない。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-30 10:34 | ■ふつうの日記 | Comments(2)
はじめましてシマイサキ。
今日は運動会の振り替え休日で和歌山でアジ釣り。
朝5時半に家を出発予定でわたしは4時に起きておにぎりを
作る。小6君は4時50分に起きると言っていたのに
目覚まし時計が鳴りっぱなし。釣りのときはシャキーンと起きるのに
運動会で疲れていたみたいで起こしに行った。
結局、家を出たのは6時ごろ。小6君は「遅刻や~」と
気にしていたけどダンナが「寝坊したん誰や?」とツッコまれてた。

そしてアジがなかなか釣れず・・・エサ取りのチビ魚ばかり釣れる。
e0055755_23225376.jpg

大きな引きがあったのでアジかと思ったら
横シマの魚が釣れた。ダンナも知らない魚だったので
「釣りしてるおっちゃんに聞いてきて」と小6君に言った。
そしたら「えぇ~」と嫌がっていたけど
黙ってしばらく考えてから魚の入ったバケツを持って
おっちゃんのところへ行ったからビックリした。
こんなことできるようになったんやーって成長を感じる。
e0055755_23225571.jpg

魚は「シマイサキ」だった。
スマホで調べていると、市場には出る事はないけど
皮が厚いからウロコを取らずにそのまま塩焼きにして
食べたら美味しいんやって。
うれしくなってシマイサキをどんどん釣った。

そしてちょっと違う引きがあって釣り上げたら
いいサイズのアジ!!!こんなアジが堤防から釣れるなんて!
喜んでアジが釣れるのを願っていたら
さっきまで喜んでたシマイサキが釣れるとガッカリするようになった。
贅沢なもんやなー。

朝から夕方までずーーーっと釣り。
e0055755_2322572.jpg

いつも野球があったから1日を満喫できたのは久しぶり。
楽しい1日だった。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-29 23:22 | ■ふつうの日記 | Comments(2)
運動会って砂ボコリがすごい。
今日は小6君の運動会を見に行った。
イスを木陰に置いたら風が通って気持ちが良かった。
小6君の出る種目になったら日向へ出て見た。
熱かったけど、空が青くていい天気でよかった。

意外にも応援団で大太鼓を叩いたり、笛を吹いたりしていて
ビックリした。

走るのが学年でトップの速さなので
今年もリレーを楽しみにしていた。
小6君はアンカーなのだけど
先頭に追いつくのはムリなくらい大差があった。
でも小6君がみるみる差を縮めていくのを見るのは
ドキドキした。追い抜くのはムリとわかった瞬間に
流して走るところが小6君らしい。
e0055755_23205725.jpg


それなりに子どもたちが頑張っている姿や楽しんでいる姿を
見るのはよかったけど、運動会って何なん???って考えてみると
不思議は行事やなぁ。わたしは子どもの頃、運動会がユウウツだったけど
勉強じゃないマシか・・・と思っていた。

運動会が終わってから小6君を迎えに行った。
車の中では運動会の話をしゃべりっぱなし。
応援団の大太鼓は先生から頼まれて引き受けたらしいけど
引き受ける条件は「俺は声を出さない」ということやって。
小6君らしいな・・・ワーワー声を出して応援したくないタイプ。

夜ご飯はデッキで焼き肉。
6年生になってからよく食べるようになった。
お肉が嫌いだったのだけど
焼き肉にキムチを巻いて食べるというのをやったら
「美味しい!」って。よく食べてた。

夏休みから1ヶ月以上経って会ったのだけど
今までと違う感覚があった。
なんというか・・・もう遠慮とか緊張とかのない自然な感覚。
さっき運動場で見ていた姿とは違って
うちでは幼い子どものよう。

それはとてもうれしい。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-28 23:21 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
てるてる坊主にも感謝するよ。
今日はダンナが釣具屋へ行って、釣りの準備などをして
バタバタしていたけど、わたしは家でのんびり。
ダンナはついでに窓掃除もしてくれた。
ガラスがないんちゃうか?というくらいピカピカの透明になった。
e0055755_23202341.jpg

窓辺のてるてる坊主は本当にすごい!
台風が来てるとかなんやかんやで
晴れの天気じゃなかったのに
日が迫るにつれて予報が変わって
結局晴れになった。
お願いしていた野球の日も運動会の日も
振り替え休日も。

わたしがてるてる坊主の頭をなでて
「ありがとうございます」とお礼を言ったら
ダンナが「捨てられる恐怖心で叶えてくれたんちゃうか?」って。
ダンナの薄汚い下着で作ったてるてる坊主だけど大事にしよう。

願いを叶えてくれたから窓辺からはずして
タンスの中で休んでもらう。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-27 23:20 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
もうそれは時間の問題。
(たぶん)初めて金曜日に営業しているKURARIへ行った。
土日と違ってのんびりしていて懐かしい感じ。
e0055755_6593521.jpg

でも金曜日の営業も知れ渡って
お客さんでいっぱいになるのは時間の問題やね。

お父さんが亡くなってしまったけど
何年も会ってなかったから
なんとなく亡くなった実感が薄い。
なんでやろ、病院でしゃべってたし、
骨になったのも見たのにな。

ダンナはこれからお母さん孝行をすると言い出したから
ビックリした。一緒にご飯を食べたりしたいらしい。
悔いのないように孝行したらいいと思う。
姉はお父さんに対してまだ泣いているから
悔いがあるんやろな。

その悔いはいつかスッと取れると思う。
それまで泣いて悔やむしかない。

悔いのないように・・・今日もどっかで聞いたな。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-26 06:59 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
お父さんに感謝する。
秋っていいなー。風が気持ちいい。
e0055755_6583263.jpg

今日もダンナはお父さんのことで役場へ。
ダンナの姉はお父さんの部屋の片付けに行って
その帰りにうちに来た。

うちに四十九日までお父さんの骨がある。
姉はお線香を立てて泣いていた。

ダンナがいない間に姉と2人きり・・・
こんな時間めったにないから貴重な時間だった。

お父さんの納骨のことでダンナと姉がもめたままだったので
姉が「トオル、怒ってた?」と気にしていた。
本当は頭から煙が出るほど怒っていたけど
「うーん・・・まぁ。いや、そんなにー」とごまかした。

そして「叔母さんの相手で疲れたでしょ?」と聞いたら
叔母の話になった。
どうも叔母がダンナの悪口を言ったみたい。
それで姉は「ケンカしてもわたしにとってたった1人の
カワイイ弟なんです!悪く言わないでください!!」と怒ったらしい。
この間、納骨のことであんなにもめて別れたのに。
わたしは感動して泣きそうになった。
恥ずかしいからか「このことはトオルに言わんといてな」と口止めされた。

しばらくするとダンナが帰って来て3人でお茶の飲みながら雑談。
叔母の話もあってもめてたワダカマリみたいなんは消えていた。

80歳過ぎた叔母さんはかなり元気で口が達者。
物分りのいいような口ぶりやし、商売をしていたから尊敬できるところも
たくさんあるのに、影で散々人の悪口を言う。
「あの時、こうだった」という他の身内の話も散々聞かされた。

そして影でダンナは相当悪く言われていて、
当然わたしの事も言われていないはずがない・・・
常識知らずの嫁やもんなー。
叔母とはお互いニコニコして別れたのに
裏では怒って悪口を言いふらすなんてショックー。

姉が帰ってから口止めされていたことをダンナに話した。
「カワイイ弟やねんて!」と冷やかしたら
ちょっとうれしそうだった。

やっぱ家族っていいなぁ。
姉とダンナを育ててくれたお父さんに感謝する。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-25 06:58 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
断捨離すると落ち着くのです。
姉んちの犬、モケ。姉が溺愛しているらしい。
かわいいなぁー犬飼いたいなぁー。
抱っこしてたら甥っ子に「モケ、嫌がってる」と言われた・・・
「嫌がってないわ!!!」と言い返した。
e0055755_18215876.jpg


昨日はダンナと姉がお父さんの納骨のことでもめた。
間に入った姉のダンナさんが「どっちも間違いじゃない」と
言ってくれた。わたしはその間、黙々と雑草を抜いていた。

そのことがあってダンナは今日も気分がモンモンをしていた。
お父さんのことで役場へ行ったり、銀行へ行ったり、
少しドライブもしたりしていろいろ話した。

今回のお父さんを看取ったことで
「家族」っていいなーって気持ちになった。
そしたら、小6君と暮らせないことが悔しくて悔しくて
たまらなくなって、ムカついてきた。

ムカついて、悔しくて、涙が出てくるので
また断捨離をしようと思う。
書類の整理、通帳の整理、カードの解約、
服も捨てよう。写真も捨てていこうと思う。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-24 18:22 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
支えて、支えられて生きる。
今日の朝、火葬場へ。お葬式はしないから棺おけの中に
みんなでお花をたくさん入れて、お父さんの部屋にあった
アルバムの写真も全部入れた。ほとんどが孫の写真で
幸せそうなお父さんの顔がいっぱいあった。

そしてわたしとダンナが書いた手紙も入れたら、姉も書いたようで
入れていた。叔母さんが三途の川を渡るのにお金がいるから現金も
入れるんよと言う・・・燃えるお金やから最低でも千円・・・
わたし的にはお金を燃やすなんて考えられないし、
ダンナもお金なかったら渡れないなんてそんなアホな・・・と呆れてた。
でも叔母さんがものすごくうるさいのでシブシブ千円棺おけに。
いろいろあるんやなぁー。
最後はお父さんの大好きなお酒を体の回りにかけた。

叔母さんと姉は泣いていた。姉のダンナさんは言葉につまり
少し泣いていた。わたしはお父さんが幸せそうなので泣けなかった。

火葬の間にみんなでお昼ご飯を食べに行った。
そこでまたもや姪っ子、甥っ子とデザートを食べた。
e0055755_2055581.jpg

デザートが運ばれてきてからわたしが「写真撮らせてー」と言うと
甥っ子が「JK気取りか!」と言ったので「いいやろ!写真撮ったって!」と
怒った。食べ終わってからも甥っ子に「爪楊枝とって」と言ったら
スティックシュガーを渡された。ダンナが「チアキってなんで子どもに
からかわれるんやろな???」と不思議がってた。

火葬場に戻る時、甥っ子が「おじいちゃん、焼き上がったかなぁ??」と
言うので爆笑。ダンナが「クロワッサンみたいに言うな!」とツッコんだら
今度は姪っ子が「焼き上がったじゃなくて、出来上がったやろ!」と言うので
また爆笑。なんと表現すればいいのかわからないけど、とにかく
もう骨になっていた。骨を拾うのも初めての経験で緊張した。

叔母さんが何かと出てきてドッと疲れたけど
叔母さんとは今日でお別れ。姉家族はもう1日叔母さんの相手。

みんなと別れてから速攻で高校野球を見に行く。
昨年うちに来ていた高校生の応援に。
試合は途中からしか間に合わなかったのだけど
スコアボードに名前がない・・・ショックだった。
でもベンチにいる姿を見れて胸がキュンとなる。あぁ、会えた会えた。
e0055755_2055624.jpg

試合が終わってしばらくしたら後ろから施設のお兄さんが
声を掛けてくれてビックリした。
お兄さんも応援に来ていたみたいで、愛されているなーと感動した。
「応援してくれる人がいる」「見てくれている人がいる」っていうのが
支えになると思う。そう思ってわたしたちも大きなことはできないけど
できることをやろうと思う。

お兄さんの話でわかったのだけど、試合には出ていて
ファインプレイもあったらしい。でもその後、見逃し三振で
すぐ交代させられたんやって。
お兄さんに会えたからわかったことなのでよかった。

会えてよかった。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-23 20:05 | ■ふつうの日記 | Comments(2)
お父さんがくれた時間だと解釈する。
昨日、お父さんが亡くなったのが夕方5時14分だった。
火葬は24時間経たないとできないらしいので
24時間後は今日の夕方5時14分。
でも火葬場が5時までなので今日は火葬できない。
ぽっかり空いた1日。

姉は叔母さんを連れて、お父さんの納骨する予定のお寺を
見せに行く事に。その間、学校を休んだ姪っ子と甥っ子を
うちで預かることに。預かるという年齢じゃないけど。

うちでお昼ご飯をお食べて、ゴロゴロしてたら
姪っ子たちは寝てしまった。2人とも子どもの頃から
よく寝ていたので変わってないなぁーと思った。

目が覚めてからわたしは2人を連れてサーティーワンへ。
e0055755_23125678.jpg

今月の「メープルスイートポテト」と「ショコラモンブラン」
めちゃわたし好み!両方当たり!
姪っ子たちは「ポッピングシャワー」は外せないらしい・・・。

これといって話すこともないけど
こうして高校生の姪っ子、甥っ子と3人で過ごす時間は
たぶんこの先、ないと思う。すごく貴重な時間だった。
これもお父さんがくれた時間なのかも。
わたしはとてもうれしかった。

夕方は家で寝転びながらテレビでユーチューブを見た。
西野カナの新曲を聴いたり、あーだこーだ言いながら
歌ったりしてゴロゴロした。

ダンナが「写真撮って」と言うのでわたしのスマホで撮ろうとしたら
甥っ子が「ちーちゃんは?入らへんの??」と言った。
「わたしのスマホ、タイマーないからムリ」と答えた。

今思えば4人で写真を撮ればよかった。
すごく貴重だと思うから。
甥っ子もそう感じたのかなー。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-22 23:13 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
お父さんが見せてくれたと解釈する。
昨夜は山口県からお父さんのお姉さんも来て、
高校生の姪っ子と甥っ子も、姉のダンナさんも来て
みんな涙に暮れていた。
わたしとダンナは泣かなかったけど。
お父さんの耳元で「明日の昼に来るから」と伝えて帰った。

今日は午前中に小6君の最後の野球の試合だから
できるだけ見たかった。
今、足のケガをしているけど最後だから投げてくれると
思ったら投げず・・・ガッカリ。
まぁ野球も好きだけど大好きという感じもなく、
熱い闘志もなく、とにかくいつも自信がない感じ。
自信が持てないのは施設の子どもにあることやと思う。
友だちと野球を楽しくやるって感じで、
チームもゆるい感じやし、そして礼儀やあいさつを
教えてもらって小6君にはピッタリな野球ができたんちゃうかなー。
e0055755_3531425.jpg

子どもたちが一生懸命がんばってる姿に癒された。

試合が終わって「ぶれーど・う」でお昼ご飯を食べて、
家に帰るか、病院へ行くかというところで姉から電話。
お父さんがわたしたちに小6君の野球を見せてくれたんやなぁー。
ホテルにいた叔母さんをひろって病院へ。

姉はベッドの脇で泣きじゃくっていて、叔母さんも抱きついて泣いてた。
心拍数も正確に測れないほど体が弱っていて
画面の数字が0になって焦った。わたしはまだ泣かなかった。

すごーーーーーく不謹慎なんやけど
姉が「もうすぐ孫が来るから頑張って!!!」とお父さんの体を揺する・・・
叔母さんも「がんばれ」と揺すって、お父さんのまぶたを指でぐいっと
開けたりして、ビックリした。2人とも号泣でマジなんやけど
苦笑いしてしまった・・・ダンナが「そっとしといたら?」と言ったけど
「なんでよ!もうすぐ孫が来るんやから!
お父さんも孫に会いたがってるのに!」と怒ってた。
2人の必死の揺さぶりが効いて、掛け付けた孫2人にも会えて
ホッとした。

それからはお父さんをそっとしておくことに。
みんなで思い出話をしたり、雑談をしたり、アイスクリームを
食べたり、笑い声もあふれてお父さんの周りで過ごした。
そして夕方5時過ぎに苦しむことなく息を引き取ったのだけど
最後の最後まで口をパクパクさせて何かを言っているようだった。
みんながそれを「ありがとう」って言ってると解釈して見送った。

わたしは癌という病気と、死に目とか、病院からお葬式の段取りとか
そういう経験は初めてで、一通り経験としてかみしめた。
手配した葬儀屋が高校時代の同級生でビックリしたけど。

夜ご飯はみんなで和食のお店へ。
デザートに姪っ子、甥っ子と3人でパフェを食べた。
甥っ子は抹茶パフェ。
e0055755_3531737.jpg

わたしと姪っ子はミニパフェ。
e0055755_3531977.jpg

姉の泣きはらした顔を見るのは辛いけど、楽しい晩ご飯だった。

今日がお父さんの命日になる。
姉が「覚えやすくてよかった」と言っていたけど
たぶん日にちを間違えている。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-09-21 03:51 | ■ふつうの日記 | Comments(0)



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
検索