この時偶然会えたのは大きな意味があったかも。
この間、学校帰りの中1君にばったり会った。
会えると思っていなかった時間帯だったのでびっくりした。
カバンの中を見せてもらったら教科書が1冊もなく、
丸めた体操服だけ・・・ダンナが「アホか!」と言って笑った。
施設のお兄さんから思春期突入の話を聞いていたので
顔が見れて安心した。わたしたちにはいつも顔しか見せないけど。
e0055755_15582000.jpg

家でダンナと中1君のことをよく話すのだけど
ダンナとわたしは性格が全く違うので考え方も違う。

ダンナは中1君がツライ思いをしないように、
ツライ思いをできるだけしないように
守ってやりたいと思っていることを知った。

わたしはというと、ツライ思いをするのは仕方がないことで
その時に気持ちが荒れたとしても
そばに寄り添っていればいいと思っていた。

ダンナがそういうふうに思っていたことにビックリしたし、
わたしには思いもしなかったことだったので
わたしって冷たい人間なのかもなーと思った。
守ってやれるものなら守ってやるのが普通なんかも。

わたしはこの本を読んで本当によかった。
思春期ってこういうものかというのがわかって、
ビビることもなくなった。
施設の兄さんが「中学高校で引き取りたい里親さんは
そうはいない」と言ってたけど、
この本を読んでいなかったらわたしも怖気づいていたかも。
また気持ちを新たに読み直そうと思っている。
 

[PR]
by nekomura-blog | 2015-06-13 22:19 | ■ふつうの日記 | Comments(2)
Commented by ももはな at 2015-06-14 07:44 x
ダンナさんの気持ちも愛と思います。ただ、ある時、親は子供が転ばないようにじゃなく、転んでも立ち上がれるようにするものじゃないのかという言葉に出合い、共感しました。又、友人が辛い経験をしている時、先にその経験をしたので、彼女の辛さが少しでも減るように、こうしたら、と悶々としていたのだけど、ある時、彼女は私ではなく、人それぞれで、押しつけではないかと。私が思った、こうしたらは、自分で体験して考えて辿り着いたもの、彼女も自身で体験して考えて、彼女なりの結論を出すというもので、又それは私のとは違うかもしれないと。それが、自分の人生を生きるということかなと
長々とえらそうにごめんなさい
Commented by nekomura-blog at 2015-06-15 22:29
:::ももはなさんへ。
ありがとうございます^^彼の場合は今まで散々ツライことがあったと思うので、守ってやりたいっていうのは親心みたいなものなんでしょうね。自分の子どもだったらダンナも「自力で立ち上がれ派」だと思います。
ももはなさんの経験されたもどかしい気持ち、伝わりました。
経験って人それぞれとらえ方は違いますよね。ツライ思いはして欲しくないと思うけど、ツライと思う度合もそれぞれ違うと思うからそれぞれの乗り越え方もあるんでしょうね。
えらそうだなんでとんでもない!お話してくださってありがとうございます。
<< ムクはデッキでサラダバー気分を... あんぱんや→ぶれーど・う→te... >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
Bagelつれづれ日記
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
検索