思い出に残った野良猫の親子。
写真は港にいた野良猫の親子。
夏休みのタコ釣りのとき、見かけた。
小6君が「チアキ姉、猫見に行こう」と珍しく誘ってきた。
何でも「トオル兄、トオル兄」なのに。

わたしが「白い猫、かわいいー!連れて帰りたいわ」と言ったら
小6君が「俺はシマシマの猫がいい!」と言う。
わたしが「あの柄の猫はうちに2匹おるやん!白がいい!」と言ったら
「俺は3匹、シマシマでいい!」って。うれしかった。
e0055755_22122153.jpg

そんな会話の思い出の野良猫。

小6君が帰ってしまって穴かポッカリ空いたよう。
寂しくて、もう会いたくて仕方がない。

小6君は思春期になってきた。
ときどきわたしに鋭い目をしてきたり、冷めた目をしてきたり、
だいぶ古いけど沢尻エリカの「別に・・・」くらいの雰囲気を漂わせる。

ダンナとは共通の会話も多くて、すごく気が合うみたい。
何でもダンナの真似をするし、ダンナの話をよく覚えている。
頭の回転も速くて、しゃべりもすごく達者。
ダンナに似てる・・・恐ろしいわ。

わたしたちが愛情いっぱいで『大好きサイン』をいっぱい
送っているけれど、小6君はどう思っているのだろうかとふと思う。
施設へ帰すことを恨んだりしないだろうか。
わたしたちは一緒に暮らす覚悟を決めたのに
叶わなかったことを、小6君は知らないし。
遊んでくれる「おっちゃん」「おばちゃん」の存在で
なんとも思っていないかも知れないけど。

小6君の本当の気持ちはわからない。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-08-28 21:11 | ■ふつうの日記 | Comments(2)
Commented at 2014-08-30 17:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nekomura-blog at 2014-08-30 23:26
:::鍵こめさんへ。
こんばんは。24日あっという間に過ぎてしまってビックリします。
季節も24日間だけ夏だったみたいにすっかり秋っぽくなりましたね。
子どもの存在って大きいですねーほんと大きな穴です。朝もまだ
小6君が布団で寝ているような気がしたり・・・。

えー!それは親近感わきまくりです!ドキドキ。
来年も行きますよ。来年も電卓打ちながら花火買います(笑)

なんかしょんぼりムードでしたが共感できて元気出ました。
次は冬休み!ほんと待ち遠しいなぁ~。ありがとうございます^^
<< キレイ好きなのね。 24/24 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
だいどころ飛鳥
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
検索