ときどき猫ベッド。
もう何年前かな?池崎せんせーの「つる編み教室」で作った
猫の形の猫ベッド。
猫たちにすっかり飽きられたようで、
つるの野生的な臭いもなくなったのか見向きもせず・・・
部屋の隅に置いていたのだけど。。。

ある日、見たらムクが寝てるーーーーー!!!
e0055755_21363955.jpg

めちゃめちゃビックリした。
そしてめちゃめちゃうれしかった。
毛布、暑くないんかな・・・?

-------------------------------

今日は小6君に手紙を書いて、届けに行った。
日曜日なので野球の練習をしている。
グランドを覗き込むためにゆーっくり車で通ったら
偶然、小6君が1人でグランドの端を歩いていて
わたしたちに気づいた様子。

手を降ろうかと思った瞬間、
小6君はサッと目をそらした。

完全に気づいていた。
わたしたちの車を見て気づいたから
こちらを見ていたと思う。
でも、気づいていないふりをするかのように
目をそらすのは、とても小6君らしい。

ダンナはそういうのが軽くショックみたい・・・
子どもらしく、偶然に驚いて手を降ったり、笑ったり
して欲しいようで、目をそらされて寂しがっていた。

わたしはたとえ目をそらされたとしても
とてもうれしかった。
小6君に会えた!
[PR]
by nekomura-blog | 2014-06-08 21:35 | 猫2匹ムク+ユリ | Comments(6)
Commented by ゆきなこ at 2014-06-09 10:59 x
こんにちは。 前にもコメントさせていただきました、ゆきなこです。
いつもブログをとおして小6くんがどんな子なのか想像しています。
グランドで、お二人を見ていたのに気づかぬ振りをしてしまった彼の行動にはどんな心の動きがあったのか、わかりません。
 でも、今日もグランドで一生懸命野球をしていた小6君の姿を見れて良かったですね。元気でいてくれることを見れたことが私もうれしかったです。
 
ここ何日かで、テレビやインターネットのニュースなどで、児童虐待の記事を頻繁に目にします。今朝も朝からテレビのニュースに胸がしめつけられ、朝からしんどいです。
 物が豊かになってどんどん便利な世の中になっていっても、こんな現実があるなんて、何にも豊かなんかじゃないと思います。
 どうしたら一人の小さな命を救うことができるのか?悔しくって仕方ありません。 微力な私はどうすることもできないかもしれませんが、命を救いたい!という気持ちは強く持っています。
話が長くなりましたが、日々の悲しい記事を耳にし、目にしていると、居てもたってもいられず、コメント欄にてちあきさんにきいてもらった次第です。どうもすみません・・・。
Commented by nekomura-blog at 2014-06-09 23:39
:::ゆきなこさんへ。
こんにちはー、ゆきなこさん。コメントありがとうございます。
ほんと、この日は元気な姿が見れただけでよかったです!
わたしも元気になれました。いっしょに喜んでくださってうれしいです。

毎日毎日ひどいニュースばかりですね・・・ゆきこなさんと同感です。
子どもは親の愛情を無心で求めているのに、本当にヒドイ・・・
目を背けたくなる現実ですね。結局は「負の連鎖」があるんやと
思うんですよね、児童虐待してしまった大人も、子どものころ愛情を
受けて育ててもらえなかった人が多いんじゃないかなぁ・・・。
愛情によって心が育たず大人になってしまったのではないかと
思うと、憎むこともできず、切ないです。負の連鎖を断ち切るのは
相当難しいですね・・・。でもこうして、ゆきこなさんのように
児童虐待について考えたり、強い気持ちを持ったりすることだけでも
大きなことやと思います!!微力ではないですよ。
1番ダメなのは無関心ですから。熱い思いをきかせてもらって、
わたしも熱くなりました!里親、がんばりますね!ありがとうございます
Commented by ゆきなこ at 2014-06-10 09:25 x
おはようございます。
お返事ありがとうございました。 1番ダメなのは無関心・・・。確かにそうですよね。見て見ぬ振りをし、他人事と割り切る。そうしたほうが楽なときもありますが、児童虐待のニュースだけは、どうも割り切れません。
 
 昨日、ちあきさんが以前教えて下さった、ブックフォースマイルに、本を寄付しました。ちょっとでも役にたってほしいです。

ちあきさんたちのような里親さんが日本中にたくさんいたらいいのになぁ。現実はそんなきれいごとではないかもしれません。ですが、救いを求めている子供たちに、手を差し伸べる人が居る・・・。

柔軟な対応ができる世の中になって欲しいです。
これからも、里親の現実を伝えて下さい。
Commented by nekomura-blog at 2014-06-10 23:41
:::ゆきなこさんへ。
こんばんはの時間ですが、おはようございます!
ここ最近の児童虐待の最悪なニュースは読むのもつらく、
読んだら気が重くなります。ダンナには「よく読むなぁ」と言われましたが知らないより、知っておいた方がいいような・・・なんだかわかりませんが、これも割り切れない思いですね。
ゆきなこさんのように、こうして思っていてくれる人がいるって
あたたかい気持ちになります。ありがとう。

ブックフォースマイルに寄付してくださったのですねー!
ビックリするほどの額にしかなりませんが、集まれば大きいですよね
役立つこと間違いナシです!ありがとうございます!

いやぁ・・・実は、わたしたちがやってる里親って、他の里親さんたちに比べると大したものではないんですよ。
里親の種類はどうであれ、わたしたちが里親やってますって
お知らせすることで「里親」ってなんやろ?ってたくさんの人たちが
関心を持ってくれたらいいなーとは思っています
こんな里親ですが、ゆきなこさんとお話できて力がわいてきました!
ありがとうございます。これからもどうぞよろしく^^
Commented by もも at 2014-06-13 06:15 x
もう遅くなったから、読まれないかもしれないし、
私の勝手な意見なのですが…
私、特に子どもの頃、友達に、思いがけなく会うと、何だか反射的に逃げ出しちゃったのです
学校とか、心構え?ができてるところだと全然オッケーだし、
その友達たちのことが嫌いなわけでは全くないのです
それは、自分でも不思議な心理です
「ふいに」がだめなのかもしれないです
その話をしたら、ある友人も、自分もそうだ、と言っていて、
ああ、そう特別な気持ちでもないのかな?とホッとした思い出があります
勝手に、まるで的外れなこと言ってるかもだけど、
小6君、そんな可能性もあるかも…?と、思わず初コメントしてしまいました
Commented by nekomura-blog at 2014-06-13 12:13
:::ももさんへ。
読ませていただきましたよー!初コメント、ありがとうございます。
ブログを見て、いろいろ思ってくださったことがとてもうれしいです。
ももさんからのコメントを読んで、わたしも子どものころの自分を
思い返してみました。わたしもその心理があったと思います。。。
親から近所の人に会ったらあいさつしなさいと言われていたけど
それがイヤでイヤでいつもビクビクと隠れていた記憶が・・・ちょっと
違う???「思いがけなく会う」って大人でもちょっと心構えが
いりますよね。小6君の性格からしてそんな心理があったと思います。
ももさんが遠慮気味に、こうしてコメントをくださったこと、
うれしいです!ありがとー。これからもどうぞよろしくお願いします^^
<< 梅ジュースになる。 ファンチャーナ。 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
検索