読書。
わたしには子どもはいないから手を焼いたこともない。
でも、こういう内容にすごく興味がある。
これから子どもと接することはあると思うし、
勉強しておこうと思って。

この本は実体験を元にされていて説得力ある。
具体的でわかりやすくて、すばらしい本に出会えた。
e0055755_1817572.jpg

手を焼く前に知っておいたらいいやろなと思う。

「わたしなんてどうせ」と思う気持ちは
ホメられた経験が少ないかららしい。
わたしが今から出会うすべての子どもには
いいところをたくさん見つけて
たくさんホメてあげようと思う。
[PR]
by nekomura-blog | 2014-02-07 18:16 | ■ふつうの日記 | Comments(4)
Commented by ともか at 2014-02-09 11:22 x
親は子どもを褒めて褒めて褒めて鼻を高々にしてあげるそうです。そして、その高くなった鼻を世間が折るのだそう。折れた鼻をまた、親が高く高くしてあげる。昔、本で読んだ一説です。
褒められるって大人でも嬉しいですもんね。
Commented by スノウ at 2014-02-10 00:01 x
こんにちは
子どもを褒めて育てる。あたまてはわかっていても、実際には難しい。この本を読んでもう一度子育てについて考えてみようかと思います。
Commented by nekomura-blog at 2014-02-10 22:40
:::ともかちゃんへ。
IGやめたから会えなくてさみしいと思ってたとこ!コメントありがとう。
なるほどなぁー。しみじみするお話ですね。
小5君も、こないだ来てた高1君や今までうちに来た子の
その鼻が見えたとしたら、みんな低かったように思う。
わたしはその鼻を高く高くできる人になりたいなぁ。がんばる。
Commented by nekomura-blog at 2014-02-10 22:51
:::スノウさんへ。
こんにちはー。コメントありがとうございます!
本を読んで考えてみようだなんて、ほんとステキなお母さんですね。
実際には難しいっていうの、ありますよねー。生活していると
忙しい時、疲れている時、イライラした時につい素っ気無い言葉で、
子どもを褒めるタイミングを逃してしまったってことがあると思います。
わたしには小5君と接する時間が限られているので
褒めるタイミングを逃さないようにしたいなぁーと思っています。
<< お手入れ。 温風。 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
だいどころ飛鳥
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索