■京都へ。
今日は小6男子に会う日。

約束の時間に施設へ迎えに行く。
5回目の外出やけど
今回はすごく慣れてきたなぁーと感じた。

子供らしい質問、ワルへの憧れ、将来のこと、
いろんな話ができて楽しい時間。

ちょっと風邪ぎみでしんどそうやったけど
京都まで車で行って「国際マンガミュージアム」へ行ってきた。
マンガ読んでたらあっという間に時間が経ってあせった。

小6男子が京都の夜景を見て「キレイ」と言った。
なんかジーンとした。
e0055755_16141388.jpg


夜ご飯は「たべものや ちきん」へ。

初めて連れて行く店やから緊張していたけど
わたしたちの友達の店だと言っていたので
興味があったみたい。

わたしたちが「スミちゃん」と呼ぶから
小6男子が「あれがスミちゃんか」と納得していた。
以前、何かの会話で「スミちゃん」という言葉を聞いて
覚えていたみたい。

厨房で1人で料理を作るちきん君のことも
じっと見ていたので
ダンナがちきん君が料理人になったきっかけの話をした。

今日は定番料理を一通り食べさせた。
「うまい!」と喜んでいっぱい食べてた。
食べてる姿を見て、わたしたちはあまり食べれなかったけど
見ているだけでお腹いっぱいになりそうなくらい
めっちゃ食べていた。

白ごはんの大盛りを食べていたのだけど
まだ足りなさそうだったので
ダンナが普通盛りの白ごはんを追加注文した。

そしたら小6男子が「天津飯が食べたい」と言うので
「白御飯、注文してしまったから違うのにしたら?」と言ったら
「食べれるで!俺、ご飯とドリア、食べれるもん!」って言うから
笑った。

しかし、さすがに食べ過ぎ・・・白ごはんを少し残してしまった。
最後まで頑張って食べていたのだけど
「残していいかなぁ?」とすごく気にしていたので
平気で食べ物を残す子じゃなくて、気づかいのできる子
なんやと知った。

子供って面白いな。










小6男子に質問責めにあってたとき
ダンナがトイレに行って席をはずした。

すると小6男子が

「お母さんやったらどう思う?」とわたしに言った。

わたしは、わたしのことを「お母さん」と呼んだのかと思って
ビックリした。そして聞き間違えかと思って

「えっ?なんて?」と聞き直したら

「お母さんやったらどう思う?」とハッキリ言われた。

ビックリしたけど、わたしの勘違い。
もしも、わたしがお母さんという立場やったら
どう思うかっていう質問だった。

わたしのことを「お母さん」って呼ぶはずがないのだけど
ドキッとしてしまった。

店内に家族がいた。小さな子供が「お母さん」と
呼んでいるのが聞こえるとなんとなく切なかった。
[PR]
by nekomura-blog | 2012-02-11 19:45 | ■ふつうの日記 | Comments(0)
<< 姪っ子の恋愛。 ただいま~。 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
だいどころ飛鳥
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索