また記念日ができた。
興味のない方はスルーしてください。
わたしたちのやっているボランティアの話です。
しかも長い・・・。
-----------------------------------------------

今朝、8時半ごろ児童相談所から電話があった。
こんな時間なので緊急だとわかる。
わたしは寝ていたのでガラガラ声・・・恥。
話を聞くと、いろいろ事情のある17歳の女の子を
自宅で預かってもらえないかということ。

そんなこと即答できるようなことではなかったので
とりあえず相談しますと電話を切る。

でも5分後「いいですよ。でもその前に話を聞きたいので伺います。」と言った。
おとといにもそういう打診があったのである程度覚悟があって
すぐ返事ができた。

早速、家の中を片付けて、お昼ご飯を食べてから児童相談所へ。

いろいろ事情のある17歳の女の子・・・難しいのはわかる。
どんな子か会ったこともないし、そんな子を預かれる自信もない。
だけど「いいですよ」と答えられたのは
直感みたいなもんで『できる』からやね。たぶん。
「綱渡りしてください」って言われたら「絶対無理」って即答するもん。

『大丈夫』 『できる』 『なんとかなる』

そして4時半に女の子を迎えに行くことになった。

時間まで「南果」で珈琲を飲む。珈琲が飲みたくて飲みたくて。
オサちゃんにも話を聞いてもらう。
こういうときポロッと言ってくれた言葉が心にしみる。ありがとう。
e0055755_1113041.jpg


約束の時間に迎えに行くと・・・・・・

担当の職員さんが「あのーーーせっかく時間通りに来ていただいたのですが
しばらくお時間いただけませんか?本人は興奮状態で行きたくないと
言って攻撃的になっているんです」と・・・えぇぇぇぇええええええ!

「ちょっと待っててください。すみません」と席をはずした瞬間に
ダンナと顔を合わせて「えぇぇぇぇええええ!どうするぅ~~~」と言い合う。
どうするも何も、引き受けたのだから何とかしよう。

30分後職員さんが戻ってきて
「わたしの顔も見たくないらしく、締め出しをくらいました・・・
今、眉毛を剃ってます」と。
もうイスから落ちそうになった。ちょっと笑ったけど。
そしてわたしたちも加わって説得することに。

職員さんが「足を立てて座って、すごい目つきしてるので
ビックリされると思いますが・・・」と。そういうので覚悟を決めた。

女の子のいる部屋に入ると、足も立てておらず、わたしたちのスマイルに
釣られたのか女の子も一瞬ニコッと微笑んだのがわかった。
そしてダンナ得意の口車作戦!口車がグルグル激しく回転!!!

わたしたちが「今までよくがんばった!エライ!」と言うと
女の子はボロボロと泣きだした。わたしもツーーーと涙が流れた。
「とりあえずうちにおいで。大丈夫。猫2匹おるけど大丈夫か?」と言ったら
「猫、好き」って。よかった。

職員さんから注意事項の説明を受けて女の子を車に乗せた。

生活に必要なものを買いに行って、びっくりドンキーで晩ご飯。
家に帰って、お風呂に入ってすぐ寝かせる。

心身ともに疲れている17歳の女の子。
とりあえず1週間、いっしょに生活。
ドキドキとワクワクとハラハラもあるかな。

今日は「自宅保護記念日」?


わたしたちは「週末里親※」というのをはじめたばかりです。
※「週末里親」とは児童養護施設で暮らしている
特定の子供1人と細くても長く関わり、週末や夏休み、お盆・お正月の休暇を利用して
社会的経験や家庭生活の経験を手助けするボランティアです。


ですが今回は「一時保護所※」が満員なので
特例で子供を預かってもらえないかと依頼があり
お引き受けしました。
※「一時保護所」とは児童相談所が保護した子供の居場所です。
「一時保護所」にいる間に「児童養護施設」「里親」「親族」など、その子供に合う場所を
協議し、慎重に探します。
「一時保護所」が満員ということは、それだけ養護の必要な子供がいるということです。

[PR]
by nekomura-blog | 2011-10-20 11:01 | ■ふつうの日記 | Comments(9)
Commented at 2011-10-24 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-10-24 21:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-10-25 16:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nekomura-blog at 2011-10-25 17:26
:::24日のカギこめさんへ。
すごい話です。ビックリしました。そして涙があふれました。
文字にすると簡単なことのようですが、その状況、精神状態を
想像するととても切なくて、過酷だったのではないかと思います。
自分を責めることは決してないと思います。
またゆっくりお話したいですね。ありがとうございました。
Commented by nekomura-blog at 2011-10-25 17:34
:::25日のかぎこめさんへ。
親子を見ていると温かなものがあふれます。
心の傷が癒えるのは大変なことですね。わたしもほんの少しですが
そういう勉強させてもらったけど、ぜんぜん力量がありません。
でもIさんにはあると思います。乙女ちゃんがいい子で
わたしたちが癒されてるんですよ。愛といわれるとテレます(笑)
ありがとー。
Commented by macokuma at 2011-10-25 21:01
こんばんは。先日は、丹波橋で久しぶりにお会い出来て
ウレシかったです。
いつも仲が良くてうらやましいわ〜〜と思ってました(^ 。^)♪
一緒にいらしてたのが、乙女ちゃん?かわいかったデス!!
なんだかやわらかいムードを感じましたよ。
そうそう!髪の毛もフワフワ〜で、いいなぁーー女子だなぁ〜〜っと
これまた、うらやましいわ〜〜と思ってました(笑)
ステキな記念日になりますように ♪
Commented by nekomura-blog at 2011-10-26 14:49
:::macokumaさんへ。
お久しぶりでしたー!
シロクマの中にネコが居たのでうれしかったです。ウフフ。
そうそう、あのときの子が乙女ちゃんです。
いまどきの女子なのでわたしがいかにオバチャンかを
知らされます・・・ほんと若いってうらやましぃ~~~。
この日も楽しいおでかけ記念日になりましたよ。ありがとー。
Commented at 2011-10-29 09:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nekomura-blog at 2011-10-30 23:40
:::鍵こめさんへ。
お久しぶりです!最近お会いしていませんね~。
うれしいメッセージありがとうございました。
いやいや、そんなにすごいことでもないんですよ。
わたしたちにでもできることやから。もっともっと真剣に活動されている
方が奈良県にもいっぱいおられるんです。
わたしたちがやってることがブログを読んでいる人の頭の隅に
残ってくれたらいいなぁーと思ってます。
そして応援してくれたらうれしいです!!また奮闘ぶりを
のぞきに来て下さい。心強いです、ありがとう。
ドーナツ屋さんがしたいなぁ~と思いつつ、行動はなかなか。
いつか食べてね~♪またお会いできる日を楽しみにしています。
<< 2日目。 はたけ。 >>



ふつうの日記とたまにお知らせ。
by チアキ
プロフィール
奈良県在住。
1971年8月うまれ。
じぶんの記録のために
毎日つづるブログです。

ときどき陶器で作ったネコの置き物
を販売しています。イベント参加や
販売することがありましたら
このブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ
■ふつうの日記
*イベントのお知らせ
*納品のお知らせ
猫2匹ムク+ユリ
老猫タマの記録
*ネコムラトウキテン
フォロー中のブログ
休日アポロ
une table
カフェ南果
...OURS Jour...
cocoa_note
植物屋 風草木
堺筋本町hair+zak...
たべものや ちきん
カイドウコーヒー焙煎所
moricoのプチフールたち
そらあい
だいどころ飛鳥
emr+
杏的日乗
tumugi 
いっぷくこうさくしょ
~町の小さな雑貨屋~
刀鍛冶のしごとと日々の暮らし
恵古箱
おひさん自然農園
キトキ
Montano ARTS
粥彦
sadacoro パン屋...
アジアン・マーブル
cafe+zakka+g...
あしあと
テントンの口笛ブログ
『いつか森になるカフェ』...
たんぽぽだより
ストレッチヨガな日々
BAGEL Cafe T...
お茶とお菓子春色
蜜柑のマメトコナ日記
外部リンク
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
検索